被害者拡大中!あなたのスマホケースは大丈夫? iFace 偽物に注意!

スマホケースの事を調べていると最近こんな悲しいツイートをよく見かけます。

「iFace」と聞いてもピンとこないひとでも、このケースを見たことある人がほとんどだと思います。

全世界で累計販売台数930万台ととても人気のスマホケースです。

じつはこのiFaceのスマホケースに偽物が急増しているんです!

確かにこれだけ売れるんなら偽物も出回ってもおかしくないかもしれません。

でも最近さらに被害者が増えてしまっている理由として「メルカリ」の存在があると思います。

メルカリでは、安い物で¥1600〜で販売されています。

定価は¥2600なので安くて、ついつい買ってしまいそうですがこれらのほとんどは偽物のようです。

そこで偽物と正規品の見分け方と、どこで買えば正規品が手に入るのかを紹介します。

本物と偽物の見分け方

【1】シリアルナンバーで確認する

すでに購入している方はこの方法が一番簡単で正確です。

正規品には、商品と一緒に必ず保証書が入っています。

そこにシリアルナンバーが記載されているので、そのナンバーをiFace 認証サイトに入力してください。

iFace 認証サイト

正規品の場合は、「正規品です」と表示されます。

保証書やシリアルナンバーの記載がない場合は、もう偽物の可能性がたかいです。

【2】パッケージでチェックする

店頭で購入する場合、パッケージからも正規品かどうかを確認できます。

パッケージの裏側を見るとクリアーになっていて、ケース内側にある金色のステッカーを確認できるようになっています。

このステッカーに「iFace」の文字が印字されていています。キャラクター商品の場合はキャラクターロゴです。

偽物の場合は、ケースに入っている状態ではこのステッカーを確認できない物が多いです。

また見えていても、本物はプリントも綺麗ですが偽物はプリントがかすれていたり雑だったりします。

またiFaceを販売・製造しているのは、「Hamee」という会社です。

パッケージのどこかにこの会社のロゴが入っています。



あと説明文は日本語で記載があり、生産国はMade in Koreaです。

iFaceは韓国にてデザインしているそうで、韓国製が本物です。

並行輸入品と言われて販売されている物は、説明文は英語・韓国語・中国語・日本語などたくさんの言語で記載があります。

きっとどの国でも販売できるように、記載しているのではないでしょうか。

どこで買えば、本物が買えるのか?

家電量販店や、ロフトなどにもiFaceの取り扱いはあります。

そういうところでは、上記の内容をチェックしてから購入してみてください。

もし購入後シリアルナンバーを確認して偽物のようなら大手の会社なら交換の対応をしてくれると思います。

偽物と本物では見た目ではほとんど違いがわからないようですが、性能面や使いやすさでは明らかに違いがあるようです。


iFaceのケースは丈夫なので機種変更するまで長く使えます。

使いごごちや、落とした時にスマホを守れなかったら元も子もないないので購入時は注意してください。

一番は、iFaceを販売・製造している「Hamee」から購入するのが安心です

近くに売っているところがなくネットで購入する場合は、iFaceを作っているHameeの系列店で購入すれば安心です。

直営店はこちら

楽天の直営店はこちら↓

スマホケースのHamee

おすすめの記事はこちら↓
くらべてわかった! iFace  の本物と偽物のちがいはここ!
人気のスマホケース「iFace」人気すぎて偽物まで作られています!間違って偽物を買わないためにも本物と偽物を比べて違いを調べてみました!
iPhoneで人気のスマホケース iFace を購入!人気の秘密はこれ!
皆さんは、スマホケースを選ぶとき何を基準に選びますか? デザインや使いやすさ、あとどれだけスマホを守ってくれるかなど人によって...
大人気の iFace スマホケース iphone7 大集合!
「iFace」と聞いてもピンとこないひとでも、このケースを見たことがある人がほとんどだと思います。 全世界で累計販売台数930...

シェアする

フォローする